いい青汁とそうでない青汁の見分け方、知っていますか!?

一口に青汁と言っても、ピンきりですが、お値段だけで、その良し悪しの判断をするのも怖いもの。。
値段は高かったが、いいものではなかったり、逆に値段が安くても本物である場合もあります。

それでは、いいものとは具体的にどういうものかと言うと、「生しぼりのもの」と「酵素が生きているもの」ですが、この2つが、簡単に見た目で見分けられるって知っていましたか??私は全然、知りませんでした。。
私も、ネットで見て知ったのですが、見分け方法の1つは、まず青汁をグラスに入れてしばらく置いておいた時、透明な水と青汁の成分が分離してしまうものは、生しぼりでないもの。

生しぼりでないものは高温乾燥で粉末にしているので、熱によって成分が大半、失われるというのです。しかも、世の中の青汁の大半は、この高温乾燥らしく、生しぼりはまれであるというのです!!あ~怖い!!
もう1つは、青汁をシェイクしたとき,きめ細かい泡がたつものが良いという事、泡が出るということは、酵素がたくさん含まれているという。。

まず、自分の飲んでいるふるさと青汁で、この2つを試してみたいものです!!